おすすめパターマットシリーズはこちら↓↓
top-1-1

シングルゴルファーさんに感想を聞きながらグリーンスピードを再現してみました。
パットで重要な距離感の練習をご自宅で出来る練習マットです。

■転がりを追求した表面生地!
しっとりした繊維を採用しております。

■スピードを調整した裏面生地
普通の絨毯では再現できないスピードを裏面を柔らかいラバーで再現しました。

■練習方法
ボールの転がるスピードをイメージする
本製品では自分の○歩の距離はこれくらい!のタッチ(腕の振り)を記憶しましょう!
決してインパクトの強弱で距離感を合わせようとしない事がポイントです!
※○歩とは3歩5歩など自分の覚えやすい所で基準を作って下さい。

傾斜度合いにも異なりますが5歩で下りのラインなら4歩打つ、5歩で上りのラインなら6歩打つ
といった 感じに
イメージを作る時に自分の腕の振り幅(尺度)を用いて考えると安定します。

パッティングで、まずイメージするのは、
1、スピード感
2、タッチ(腕の振り幅)
3、ラインの順番です。

この練習ではご自宅で自分の○歩のストローク(腕の振り幅)を体に記憶させる事が目的です。

◇初心者~上級者にご利用して頂ける練習器具です。

【測定時のコンパクション(土壌の固さ測定場所)は自宅フローリング上で測定しております】
測定時のファーストバウンドがコンパクションの関係で速めの(ボールの転がった距離)数値となっておりますが、
実際のスピードイメージは10フィート相当です。